短期留学

短期留学のよさと問題点

多少お金に余裕があれば、こちらhttp://alfa-ac.jp/のようなサポート業者を利用して留学したほうが、スムーズに行動できる場合もありますが、
留学をしたいけれど、お金も時間もそんなにない!という人に向いているのが短期留学です。

 

1週間から留学できて、3か月くらいまでと時間が短いことと、
その分費用も抑えられることが最大のメリットです。

 

短期留学は、ハードルも低く、気軽に海外体験ができる留学です。
短期留学のよさと問題点についてご紹介したいと思います。

 

留学をする時に一番大きなハードルは時間です。
大学に通っていたり、社会人として会社で働いていると、
3か月以上の自由になる時間を確保するのはとても難しいことです。

 

大学生であれば、休学することになるでしょうし、
社会人であれば一度退職することになるでしょう。

 

そうなると、卒業が遅くなってしまったり、再就職活動をしなければならないため、
ある程度決意をしなければ留学することができないでしょう。

 

そんな人にオススメなのが、短期留学です。
長期ではなかなか時間を確保することがむずかしくても、
短期であれば、長期休暇などを上手く利用して留学することができます。

 

短期留学は、帰国後の心配がないため、
気軽に海外体験をしてみたい!英語を現地で実際につかってみたい!という
気軽な気持ちで留学できます。

 

やはり、短期なので長期に比べ英語力の伸びは少ないですが、
きちんと目的意識を持って準備をして留学すれば、
ある程度の効果は期待できます。

 

また、実際に現地で英語をつかうことで、モチベーションになったり、
どんな英語をこれから勉強していけばいいのかというヒントになることで、
帰国後に飛躍的に伸びる人もいます。

 

長期の留学であれば、帰国後の再就職や、
卒業後の就職活動である程度の英語力を求められます。
しかし短期の場合そこまで求められないけれど、
多少英語を話すのに抵抗感がないということはむしろプラスのスキルになるでしょう。

 

中途半端な長期留学であれば、短期留学のほうがよいということもあるかも知れません。

 

金額的にも短期留学は負担が少なく留学できます。
海外旅行にちょっと足した金額くらいから留学ができ、
普通のOLやサラリーマンの方でも、ボーナスなど少し頑張って貯めれば実現できます。

 

ただ、本気で現地の文化を学びたいという方や、英語を仕事にしたいという方は、
短期でどうにかなるレベルではないので、その場合長期を考えたほうがよいでしょう。

 

留学の長さは、どのくらいがよいというのは一概に言えるものではありません。

 

ご自身の目的によって、長さが変わってきます。
そこまで、気負っていくつもりはないけれど、
海外のプチ体験をしてみたいという方には短期留学はすごく良い体験になるでしょう。

短期留学で英語は話せるようになるのか?

「短期留学で英語が話せるようになるのだろうか?」
「行ったはいいけれど、無駄だったということにはならないだろうか?」
という心配をされている人は多いのではないでしょうか。

 

実際に、短期留学で英語ができるようになるのか?ということについてお伝えしたいと思います。

 

短期留学で英語が話せるかという質問はよくされるのですが、
簡単にイエスともノーとも答えられない部分があります。
英語を話せるという部分がどこまで求めているかによるからです。

 

日常会話で相手が話していることが理解できるようになるのが、
だいたい3ヶ月ぐらいからといわれています。
このことから言えば、3ヶ月以内の短期留学では英語が話せないということになります。

 

ただ、そこまで話すレベルにいかなくても、
レストランで注文したり、道を聞いたりする旅行などで最低限必要なレベルは
3ヶ月以内でも十分可能です。

 

仕事で英語を使うのではなく、
旅行をする時や、日本で外国人に出会った時に多少話すくらいであれば、
このレベルで十分なことも多いんです。
このレベルの英語が身につけられるなら短期留学の価値はあると思います。

 

英語を話せるかどうかは、初歩の段階であれば、知識量というよりも、
慣れや、勇気、知っている単語をどう組み合わせて使うかという部分が重要です。

 

海外で1か月くらい滞在して、英語を話すことで、その部分の問題をクリアして、
最低限の英語が話せるようになることも可能です。

 

問題は、時間が限られているので、本人の意欲でかなり成果にばらつきがあるということです。

 

特に1か月以下の短期の場合、
事前の準備と、現地で積極的に英語を使うという努力が必要です。

 

プログラムの英語コースだけでなく、日々街に出て、お店の店員さんと話してみたり、
スーパーでいろんな商品に触れてみたり、
そういう努力をしないとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

また、短期留学の場合特に、その期間で英語がペラペラになるわけではなく、
帰国後の継続学習が大切であるということを認識しておく必要があるでしょう。

 

そんなに簡単に英語がペラペラになれるわけではありません。
でも、その期間で学んだことを生かして、
帰国後に独学で英語をマスターするということも不可能ではありませんし、
そのモチベーションを作る機会として短期留学はとてもよいと思います。

 

短期留学で、劇的に英語ができるようになるわけではありませんが、
ある程度伸びは期待できますし、
最低限、旅行などで必要な英語力は短期留学でも十分期待ができます。

 

英語が伸びないかもしれない!と短期留学を悩んでいる方は、
無駄にはならないとおもいますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

更新履歴